RSS Feed

銀座カラーの支払は引き落としだけなのか?支払方法について

銀座カラーは日焼けすると脱毛できないのか?

2017年8月2日

銀座カラーの日焼け肌対応

銀座カラーでは、脱毛を行う際に注意点がいくつかありますが、その中のひとつに日焼けがあります。
銀座カラーだけではなく、他のサロンもそうですが、脱毛機器の多くが光で脱毛するタイプです。
この光脱毛では、ムダ毛の黒い色に反応して毛母細胞を破壊します。
つまり、黒い色に反応してしまうのです。
そのため、施術箇所にあざやホクロがあったり、日焼けしていたりすると脱毛できません。
銀座カラーの注意点などにも記載がありますが、元々肌が黒い方なども程度によっては脱毛できないことがあります。
日焼け状態が改善されない限り脱毛できないこともありますので注意してください。

どうして銀座カラーは日焼けだと脱毛できないのか?

銀座カラーは、肌が焼けている日焼け状態だと脱毛できませんがどうしてでしょうか?
肌が日焼けしている状態は、軽いやけどにかかっている状態と同じです。
つまり、肌自体の機能が低下し、ちょっとの刺激で肌トラブルになる可能性が大きくなります。
もう一つ、日焼けしている肌は、脱毛機器の施術により過剰反応してヤケド状態になることがあるからです。
スタッフにもよりますが、ちょっと赤くなっているだけで日焼けとみなされ脱毛できない事もあります。
もしも、この状態で無理やり脱毛すると肌トラブルとなり、皮膚科に行かなければならなくなることもあるのです。
こうならない為にも銀座カラーでは、日焼けと判断した場合、脱毛しません。
お互いにトラブルにならない為にも脱毛期間中の日焼けには注意しなければならないのです。

銀座カラーで日焼けを避けて脱毛する方法

銀座カラーでは日焼けしていると脱毛できない為、日焼けしやすい方などは日焼けを避けて脱毛する事が望まれます。
まずは、脱毛時期ですが、おすすめは冬から春の時期です。
この時期は、まだ日焼けしている人が少なく、銀座カラーも空いていて予約が取れやすいです。
1度脱毛すると2ヶ月程脱毛しなくて良いので、日焼けしやすい7月や8月を避けるように脱毛します。
他にも次のような日焼け止め対策をしてください。
・日焼け止めを小まめに塗る
・海やプールなどは避ける
・長袖や長ズボンを着用する
・帽子をかぶる
せっかくの脱毛が日焼けで延期になれば、少なからず損をすることになります。
脱毛を考えているなら、日焼けせずに銀座カラーに行ってください。

参考 銀座カラーの支払は引き落としだけなのか?支払方法について

No Comments Yet

You can be the first to comment!

Sorry, comments for this entry are closed at this time.